2017年3月23日木曜日

和ラダイスガラージ DJ MIX VOL.11 - WARA not WARA - MIXED BY 中村保夫

和ラダイスガラージ DJ MIX VOL.11
- WARA not WARA - MIXED BY 中村保夫

和ラダイスガラージNO.2中村保夫、待望のNEW MIXは和モノMIXなのに日本語詞が一切無い?!衝撃のディスコ歌謡MIX新次元!!
7080年代のメジャー歌謡曲の英・仏訳詞によるディスコアレンジ、超有名アイドルグループが全米進出をしくじったディスコサウンド、外国人野球選手による洋楽の珍カバー、スキャット、インストゥルメンタルなど全編に渡り日本語詞が一切無いという一聴したら洋楽MIXのようだが、よく考えたら和モノだったという世間の3回転半先を行く、衝撃のディスコ歌謡MIX新次元!!
W-12 17トラック 約56
中村保夫
「チカーノになった日本人/KEI著」、「ハングリー・ゴッド/COOLS ヒデミツ著」、「ホタテのお父さん/安岡力斗著」、「いつの日かダブトランペッターと呼ばれるようになった/こだま和文著」、「死なない限り問題はない/早田英志著」など数々の問題作、そして「和ラダイスガラージ BOOK for DJ/永田一直編著」を発表し、漫画家の根本敬氏が特殊顧問を務める事でも知られる反社会的社会派出版社「東京キララ社」の社長であり、DJとしても独自の和モノディグ、正確なピッチコントロールによる繋ぎ、ディスコ時代の遊び人の血をひくプレイでフロアを湧かせている和ラダイスガラージNO.2。これまでに和ラダイスガラージ DJ MIXシリーズから3タイトル、シンガポールで買い付けてきた東南アジアのレコードのみによる2タイトルのMIX CDは各所で絶賛され、好セールスを記録。DJとしての評価をますます高めている。

和ラダイスガラージ
20116月、永田一直によって国産音源のみを徹底したクラブマターでプレイする実験的かつ快楽主義に特化したパーティーとしてスタート。これまでにMOODMAN、池田正典、ECD 、常盤響、XTAL CHERRYBOY FUNCTION RIOW ARAI、山辺圭司、L?K?O 、イルリメ、幻の名盤解放同盟、砂原良徳、NOEL&GALLAGHER、吉沢dynamite.jp、クボタタケシ、ギャランティーク和恵、一十三十一、町あかり、(((さらうんど)))、アラゲホンジなど各界のDJ、アーティストを招聘し和モノ縛りでのプレイをオーダー、白熱の化学反応を起こす。2012年から根本敬氏が特殊顧問を務める出版社として知られる東京キララ社社長・中村保夫がレギュラーメンバーとなり、2014年からは硬派レゲエショップNAT店主・KAZU、全国の盆踊りやフェス、ラジオ出演などで話題の珍盤亭娯楽師匠も加わり現体制となる。20156年には書籍「和ラダイスガラージ BOOK for DJ」「珍盤亭娯楽師匠のレコード大喜利BOOK 」を刊行し新たな和モノカルチャーを提示、好セールスを記録し話題となる。また、人気ライブ・ストリーミング・チャンネルDOMMUNEでのプレイ、7度に渡る全国ツアー、2度のシンガポールでの海外公演、代官山UNIT & SALOON 2フロアにて和モノDJ パーティーとしては最大規模の「和ラダイスガラージ4th ANNIVERSARY P ARTY」を成功させる。NHK Eテレで放送された「戦後サブカルチャー史II 踊る昭和歌謡の謎」では、番組冒頭でパーティーの模様が取り上げられるなど、新世代和モノDJパーティーのパイオニアであり、最も熱く先鋭的なリアルダンスミュージックNO.1パーティーである。